ベトナム料理教室 シンチャオ 【Xin chao】
ベトナム料理教室 シンチャオ  【Xin chao】
料理教室について
今月の教室一覧
季節の企画教室
おもてなし料理
特別講習(コラボ講習)

ベトナム料理について
ベトナム料理について/ベトナムの食文化
ベトナム料理について/ベトナム料理図鑑
ベトナム料理について/ベトナム食材店

ベトナム現地情報/現地で習うベトナム料理

プロフィール

ブログ 気ままなグルメ便り

ベトナム食べ歩きツアー・レポート 
ベトナム料理について/ベトナムの食文化

ベトナムについて
  • 国名
  • ベトナム社会主義共和国
  • 首都
  • ハノイ市
  • 面積
  • 約332,000Km2
  • 人口
  • 約7、200万人
  • 言語
  • 公用語はベトナム語 他に英語、フランス語、中国語、ロシア語等
  • 産業
  • 人口の70%以上が農業に従事 米の輸出は世界第二位
    ベトナムの気候
  • 南部
    (ホーチミン等)
  • 乾季(12月〜5月)、雨季(6月〜11月)
    年間平均気温は26℃くらい。 
    雨季の前の4〜5月が最も暑い酷暑で湿度もかなり高い。
    ★旅のベストシーズンは12〜3月。
    ※参考文献:地球の歩き方 ベトナム
  • 中部
    (フエなど)
  • 乾季(3月〜8月)、雨季(9月〜1月) 
    北方は雨が多く、南方は雨が少ない。
    5〜8月は雨が少なく猛暑で、8〜9月は台風が多い。
    ★旅のベストシーズンは乾季。
    ※参考文献:地球の歩き方 ベトナム
  • 北部
    (ハノイなど)
  • 亜熱帯性の気候で四季がある。
    5〜10月は蒸し暑く雨量も多い。11〜2月は霧雨が多く肌寒い。
    ★旅のベストシーズンは10〜11月。
    ※参考文献:地球の歩き方 ベトナム
    ベトナムの食文化
  • 料理の特徴
  • インド文化よりも中国文化の影響が強いため、東南アジアの中では刺激的な辛さや強烈なクセがなく、マイルドな味付けで日本人の口に合う。
    ◆南部・・・砂糖をたくさん使うので全体的に甘い味付け。生野菜や香草をたくさん食べる。
    ◆中部・・・辛い味付け。米粉を水で溶いて蒸した料理や宮廷料理が名物。
    ◆北部・・・塩やしょうゆを使ったしょぱい味付け。米がベトナム中で一番おいしい。
    *詳しくは「ベトナム料理図鑑」で紹介してます。
  • 料理の基本
  • ◆小魚を塩漬けにして発酵させた魚醤・ヌクマム、他にも魚やエビから作られた発酵調味料。
    ◆米、および種類豊富な米製品。ライスペーパーや麺類、米粉等。
    ◆種類豊富な香草類。
  • ベトナムの主食
  • 米。長粒米が主流でパサパサしているため、おかずをのせたりスープをかけて食べる。 米から作った麺類やライスペーパーもよく食べる。
  • フランスの影響
  • フランスパン、コーヒー、プリンなどが定着している。
  • 中国の影響
  • 東南アジアでは唯一箸を使用する。
    中華鍋や中華包丁、木を丸く切ったまな板を使用する。
    料理全般に、中国の影響はかなり強く受けている。

    ベトナム料理教室 Xin Chao(シンチャオ)


    お申込み

    ベトナム料理教室 | Su-Ha(スウハ) アジアンスタイルのカフェ&ダイニング
    ベトナム料理教室 | アジアンクッキンオ

    ベトナム料理教室 | 厚木コミュニティーアリーナ


    Links(ベトナム関連)

    Links(料理関連)

                      Copyright © 2009, ベトナム料理教室Xin Chao シンチャオ All rights reserved.